ひとり暮らし男子の鶏の照り焼き

オンラインクッキング#5

ひとり暮らしを始めた男子を応援するオンラインクッキング5日目。

料理時間を短縮するためにどうしようかな〜
って考えていて、
いつもわたしってどうしてたっけ?
なんて自分を振り返ってみたら
そう、だいたい肉!サラダ!!なのだ。

そっか、それでよかったのかも?…なんて、いまさらながら思うっていう。

じゃぁ今夜は、キャベツがあるっていってたから、
キャベツに肉!を焼いていこうかな。
なんて考えていたら、

照り焼きって食べたっけ?
って連絡がきたので、
この前の焼肉のタレを使ったのが近いとおもうけど
照り焼きにしようか!

ということで、照り焼きに。

会社で誰かと「ごはん」について何やら話したのかな?
リサーチしてくれたんだとしたら、すごく嬉しい。

明確な料理名や料理法があれば、再現できる自信はある…!
(とおもうw

ってなわけで、
もう5回目にもなったら色々割愛ね。
(ただめんどくさいだけ!w

もう、白菜スープは割愛ね…!
白菜に、ソーセージorベーコン、その他野菜、コンソメ、ぐつぐつ煮る、以上。
(タンパク質は、他、エビ、帆立、シーチキンなどなど、色々変えてね!

スープの具材を入れたら火にかける

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
<照り焼きの割>
醤油1:砂糖1:酒(水)1
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
すき焼きも同じです!
みりんを入れる割もあるけど、みりんはタンパク質を凝固させる性質があるので、お肉を柔らかく仕上げたいときには、砂糖のみで。

スープの仕込みが終わったら、鶏を焼いていきます!
今回は、フライパンで焼くので、観音開きにして厚さを均一にします。
ブ厚いと火を通すのにコツが要るので、2cmくらいの厚さにならすといい感じ。

塩、胡椒をして、片栗粉をまぶし、
醤油、砂糖、水を合わせておく。

余分な片栗粉ははたいて落とし、
油を多め(大さじ2ほど)に敷いたフライパンへ投入!
両面が、カラっとするまで焼いていきます。

焼いている間に、キャベツを千切りに。
ブロッコリーは、スープの中で茹で、
ミニトマトは、半分に切り、
お皿に盛っておきます!

こんがり焼けてきたら、合わせたタレを入れ、絡げます。
写真を撮り忘れましたw

いい照り!!
まな板にあげて、包丁で食べやすく切ります。

さて、お皿に盛って…

できあがり!!!

お相手のはコチラ!
ちゃんと形になっていて美味しそう!!

うちの姪にも見習ってほしいなぁ…!
この前送られてきたのは、お皿が男前に茶色かったw

スープはもう、言わずもがなな味!
トマトの酸味が効いておいしい〜♡

照り焼き、めちゃんこ美味しい!
生姜やニンニク、ゴマを振りかけたりしたらもっと最高だけど
なくても十分に美味しいね!!

久しぶりに食べて、ハマりそうw

ここまで5日間、あるだけの材料で色々作ってきたけれど
この、スープとお肉プレートの形、いいんじゃないでしょうか?
白菜だけだったところに、
キャベツが納品されたことで方向性がハッキリしたかんじ!

スープは毎回恒例。
お肉プレートは、付け合わせのお野菜は適当にサラダにして、
お肉の味を決めたらいいだけ!

調理時間、35分!

最高じゃないですか。

ひとり暮らし男子の応援定食、完成かな!?

→ひとまずこちら